036対ワープCPU戦ステップ2-4
「ハイエロファント編」

前回の記事

ワープCPU戦 ステップ2-3「マジシャン編」

 

 

今回のステップでは、下の配色パターンを処理できるようになるのが目標です。

その4回目。

018-8配色パターンC

 

 

会うまで

035-1すとーりー進行(ハイエロファント)

STAGE7ジャッジメントを40秒以上かけて倒すか、

STAGE7マジシャンを40秒未満で倒すと辿り着けます。

 

STAGE7ジャッジメントの場合は、特に問題なく出会えるでしょう。

ノルマクリアを目指せば、高確率で出会えます。

少しゆっくりめにジャッジメントを倒せばなお確実。

 

一方、STAGE7マジシャンを40秒未満で倒すには、

それなりに効率よく消す必要があります。

慣れないと難しいかも。

 

確実にハイエロファントと戦いたいのであれば、

STAGE7ジャッジメントのほうからどうぞ。

 

 

ハイエロファントの性能、特徴

014-1マジシャン・ハイエロファント降下形状 018-8配色パターンC

マジシャンと同じ攻撃パターン。

 

全体の形状としては、

真ん中よりの列に集中的に送られてくる処理しやすい形状。

ただ、中央の列が陥没しているため、

左右に分断された1段目・2段目の玉が問題。

 

そのせいで、

横並びに並んだ玉が、消しづらい配置になっています。

 

 

コツいろいろ、対処について

・マジシャンと同じ攻撃パターン

攻撃パターンはマジシャンと同じ。

なので、基本はマジシャンと同じことが言えます。

対ワープCPU戦ステップ2-3 「マジシャン編」

 

 

・ど真ん中・端は玉が少ない状態に

このステージは、自然に湧いてくる玉の配置がバラバラ。

そして、ハイエロファントの通常配色は、

追撃でずらされる前に消したい配置。

なので、自然に湧いてくる玉が邪魔にならないように注意しましょう。

 

具体的には、

玉を投げる場所、ど真ん中・端のどこかを玉が少ない状態にしておくこと。

035-2A中央消去型 035-2B端消去型

 

そして、ハイエロファントの攻撃が来たら、

連鎖をしながら、送られてきた玉を消していきましょう。

 

また、対戦が開始した直後も注意するポイントの一つ。

ハイエロファントの攻撃が来る前に、

ど真ん中・端のどこかを玉が少ない状態にしておくこと。

 

 

・横並びがずれた時の対応2

横並びの通常配色は、追撃でずれる前に消す。これが基本。

ずれてしまった場合は、連鎖して乗り切ること。

大きく連鎖して、

ど真ん中・端のどこかに再び玉を投げられる状態を目指しましょう。

 

 

・使うキャラを変えてみよう

別の記事でも何度か書いてますが、

マジシャン・ハイエロファントに勝てるようになってきたら、

使うキャラをワープCPUとの相性が悪いキャラに変えてみましょう。

 

チャリオットで勝てたらジャスティスで。

ジャスティスで勝てたらジャッジメント・テンペランスで。

次は、デス・エンペラーで。

次は、マジシャン・ハイエロファントで。

次は、ラバーズで。

といった具合。

 

 

というのも、

ここまでに挙げている点をしっかり押さえれば、

マジシャン・ハイエロファントは、対策できてしまいます。

 

すると、

相手の大きく揃った配置を消す技術が中途半端でも、

大きな連鎖が出来れば勝ててしまう

ということになる可能性があります。

 

この配色パターンには、さらに強い相手がいます。

そういった相手で、横並び配置をずれる前に消していくためにも、

今のうちに、大きく揃った配置を消す技術をしっかり身につけておきたいところ。

 

なので使うキャラを

ワープCPUとの相性が悪いキャラに変えてみるのがおすすめです。

 

ワープCPUとの相性が悪いキャラを使ってノルマ勝ちする場合、

大きな連鎖を控える必要が出てきます。

相手に消しやすい配置の大量の玉を送って、

ワープCPUのノルマ消化を助けてしまうからです。

 

この先の強いキャラに勝っていくには、

大きな連鎖を控えることを覚えていきましょう。

 

 

参考動画

マジカルドロップ3 ワープCPU戦20本勝負 ジャスティス対ハイエロファント

 

次の記事

ワープCPU戦 ステップ2-5「ハイプリエステス編」