015対人戦で何連鎖までならOKで、
何連鎖からNGなのか考えてみた -その2-

前回の続きのような記事。

前回は、攻撃量が中くらいのグループのキャラについてあれこれ書いたので、

今回は、攻撃量が多いグループのキャラについてあれこれ書きます。

※「攻撃量って何よ?」って方への補足

攻撃量についてはいずれ記事に書きます。
今知りたいって人は、
この動画の15:40~24:00あたりを見てください
これの攻撃テーブルのことです

 

「攻撃量多いグループ」の段数の目安

要は、

これから紹介するキャラは「何連鎖すると、何段くらい攻撃が送れるか」の目安。

 

2連鎖:攻撃段数4段の可能性が高め。スペシャル玉使うと5段いくかも。
(消去数6-18個で4段、消去数19-38個で5段)

 

3連鎖:攻撃段数5段の可能性が高い。多く消すと6段に届きそう。
(消去数9-22個で5段、消去数23-46個で6段)

 

4連鎖:攻撃段数6段の可能性が高い。多く消すと7段に届きそう。
(消去数12-30個で6段、消去数31-50個で7段)

 

 

サン

013-4ジャスティス降下形状 013-1配色パターンB

ジャスティスと同じ配色で同じ形状。でもジャスティスより攻撃量が多いグループ。

こんな易しめ配色で攻撃量が多くても困るんだけどねぇ・・・。

 

1-4段目までは玉数が少ない。5段目からは最大数。なので4段目までにしたい。

4ラインでおさまりそうな2連鎖はOK。3連鎖は避けたい。

まぁ基本ジャスティスと同じ感じか。

 

 

チャリオット・スター

015-1チャリオット・スター降下形状 013-1配色パターンB

ジャスティス・サンと似たような感じの配色と形状。こちらの方がちょい形状が強い。

 

1-4段目までの玉数が少ない。全キャラ中最少。2連鎖はアリ。

5段目の玉数が5個ねぇ。3連鎖は迷うなぁ・・・。

5段目の玉数が7個のジャスティス・サンと比較したらマシな方と言えるけど、

配色が揃ってるから相手の手助けになっちゃうし、積極的に送りたいわけでもない。

 

私は、理由があれば3連鎖しそう。

ズレる前ならいっぺんにたくさん消せるとか、ズレると面倒になる部分を消せるとか、そういう時。

 

 

ジャッジメント・テンペランス

015-2ジャッジメント・テンペランス降下形状 014-2配色パターンC

横揃いで大変消しやすい配色。横揃いキャラの中でも特に消しやすい。

横揃いを、正面から玉をぶつけて消すのも容易。横から巻き込むように消すことも容易。

さらに氷玉もいっぺんに消しやすい。

追撃が来ても横揃いが同色の塊になって残ることもある。

 

でも強い点もあって、玉数で見てみるとなかなか優秀。

1-2段目の玉数は全キャラ中最少。単発は大変優秀。

1-4段目までの玉数で見ても11個とトップクラスの少なさ。なので2連鎖もアリ。

3連鎖以上はチャリオット・スターと似た感じ。

玉数的にはアリな方だけど、積極的には送りたくない。チャリオット・スターより消しやすいし。

 

マジシャン・ハイエロファントと似た注意点もある。

連鎖をしてでも一気に消したい状況がある、そういう時はすぐにずらしたい。

スペシャル玉でたくさん攻撃がいっちゃうのも問題とか。

 

 

ハイプリエステス

015-3ハイプリエステス降下形状 014-2配色パターンC

1-4段目がすごく強い。

単発はもちろん有効。

・・・なんだけど、ここまで強いならガンガン2連鎖して相手を不利にしていくと良い。

 

でも、素早く2連鎖しつつも、多く消そうとする。

こちらの場を整えてピンチにならないようにすることも大事。

実力が上がってくると、このあたりが出来てるかが勝敗を決める。

 

5段目以降は弱いから、3連鎖以上は避けたい。

 

 

締め

こうしてまとめてみると、単発消し&2連鎖ゲーだなぁ。

思ってたより3連鎖を避けたいキャラが多かった。

 

そうは言っても、相手の攻撃が強い場合、2連鎖までに収めるのって結構難しい。

大きめの連鎖をせざるを得ない状況が出てきちゃう。

ホント良いバランスのゲームですねぇ。

 

次回は・・・何も思いつかなければ、対ワープCPU戦の続きを書くと思います。