007相手を押し潰しやすいキャラクターとは?
【相手を押し潰す:その2】

引き続き、

どうすれば効率よく勝てるのか掘り下げていきます。

 

今回は、効率良く相手を押し潰すため、キャラクター性能を見ていきます。

 

 

前回の項目でも書きましたが、

対戦時、相手に送り込む玉は、キャラクターごとに決まっています。

具体的には、「玉の形状」「玉の配色」「玉の量」がキャラクターごとに決まっています。

 

ではこの3点を、順番に見ていきましょう。

あまり深いところまで書いていくと長くなるので、

「効率良く相手を押し潰せるか」ということを目的に、あっさりめに見ていきます。

 

「玉の形状」

「玉の形状」は、相手を押し潰すにあたり、かなり重要な要素です。

相手を押し潰しやすい形状は、大きく分けて2タイプ、8名。

・両端が重点的に降下してくるタイプ

7-1玉の形状タイプA7-2玉の形状タイプB

7-3玉の形状タイプC7-4玉の形状タイプD

 

・極端な段差がある、極端に降下してくる列があるタイプ

7-5玉の形状タイプE7-6玉の形状タイプF

 

「玉の配色」

「玉の配色」も、相手を押し潰すにあたり、かなり重要な要素です。

色が揃っておらず、バラバラなほど、相手を押し潰しやすくなります。

相手を押し潰しやすい配色は2種類、9名。

7-7配色パターンA

7-8配色パターンB

 

「玉の量」

このゲーム、同じ連鎖を送ってもキャラクターによって送る段数が違います。

それなら、相手を押し潰すには、一番多く玉を送れるグループが適しています。

とはいえ、重要度は「玉の形状」「玉の配色」のほうが高いと思います。

該当するキャラクターは以下の13名。

 

サン、スター・チャリオット、ジャッジメント・テンペランス、ハイプリエステス、ストレングス(娘)、

ストレングス(父)、エンプレス・ワールド、タワー、フォーチュン、ブラックピエロ

 

まとめ

ということで、効率良く相手を押し潰す事を目的に、キャラクター性能を見てみました。

基本的に、「玉の形状」「玉の配色」で挙げているキャラクターは、

  • 押し潰すのに適している
  • 連続で2連鎖をすると、相手にとって処理しづらい

という認識で良いでしょう。

 

「玉の形状」「玉の配色」どちらでも挙げているキャラクターは、特に適している。

「玉の量」は、挙げてないよりは挙げている方が良い、くらいの感じで。

 

下にまとめておきます。

「〇」は、効率よく押し潰せる要素である。

「-」は、効率よく押し潰せる要素ではない。

7-9押し潰しやすさまとめ

次回は、もう1つの勝ち方、ノルマクリアについて見ていきます。

 

 

この記事も読んでおいてほしいやつ

009相手を押し潰す勝ち方の問題点とノルマクリアの勧め