020攻撃の仕組みを詳しく見てみよう その3
「玉の量」

前書き

CPU戦や対人戦で攻撃した際に、

相手にどんな玉を送るかについて見ていこうシリーズその3。

今回は「玉の量」についてです。

このゲーム、同じ消し方をしても、キャラクターによって送る玉の量が違います。

分かりやすいのは、3個+3個の2連鎖をした場合。

フールなら2段攻撃を送る。

エンプレスなら4段攻撃を送る。

018-2攻撃で送る玉の量

といった具合。

 

 

3種類のグループと攻撃段数の目安

送る玉の量は3種類のグループがあります。

それぞれのグループがどのくらい連鎖をすると何段くらいの攻撃を送るのか、

大体の目安を載せておきます。

 

 

でもって、同じ連鎖数でもたくさん玉を消すと攻撃段数が多くなることがあります。

なので、表の表記が「2~4段」とか「4~5段」となっている所があります。

このあたりの詳しい仕組みについては、後日記事にします。

 

「少ない」グループ 「中くらい」グループ 「多い」グループ
2連鎖 2~4段 3~5段 4~5段
3連鎖 4段 4~5段 5~6段
4連鎖 4~5段 5~6段 6段
5連鎖 5~6段 6~7段 7段
6連鎖 6~7段 7~8段 8段
7連鎖 7~8段 8段 8段
8連鎖~ 8段 8段 8段

 

各グループにどのキャラクターが当てはまるかは、

以下の通り。

 

「少ない」グループ

デビル・フール・ラバーズ・ハングドマン

 

「中くらい」グループ

ジャスティス・エンペラー・ラバーズ・マジシャン・ハイエロファント・ムーン・ハーミット

 

「多い」グループ

スター・チャリオット・サン・ジャッジメント・テンペランス・ハイプリエステス・ストレングス娘

エンプレス・ワールド・ストレングス父・タワー・フォーチュン・ブラックピエロ

020玉の量グループ

 

締め

ということで、「玉の量」についてでした。

これで、相手にどんな玉を送るかについて見ていこうシリーズはおしまいです。

前々回の記事の「玉の配色」、前回の記事の「降下形状」、今回の記事の「玉の量」

この3つの要素の組み合わせで、各キャラクターが攻撃で送る玉が決まっています。

 

次回は、

「玉を消して、それをもとに何段攻撃を送るかが決まるまで」

このあたりの仕組みについて掘り下げていこうと思います。

このあたりを知っていると、

CPU戦や対人戦で「こういう消し方が良い」「こういう消し方は良くない」

ということの理解に繋がりますから。

ではまた次回。